オリジナルでtシャツデザインを作成する際のポイント

細かすぎるデザインは印刷時にでない可能性がある

洋服の中でも夏場に愛用する人が多い種類としてtシャツがありますよね。シンプルな形をしていますが、プリントされているデザインなどによっても印象が変わるのでファッションを楽しむアイテムとして人気が高いです。一般的にはお店で購入する事も多いですが、最近では自分自身でオリジナルな図案を考えて作成する人も増えてきています。では実際に自分で考える場合ですが、印刷をするという点を考慮することがポイントです。折角図案を考えても内容が細かすぎてしまうと、印刷した時に細かい箇所が潰れてしまい綺麗に仕上げることが難しいという事もあります。印刷を業者に依頼する場合は、印刷でつぶれない最小の大きさなども確認しながら作成するようにすると良いでよ。

基本的には1色から2色で作ることを考えよう

自分専用のオリジナルなtシャツとして、やはりデザインにこだわる人はとても多いです。最初は何でも好きな物から色々デッサンなどを行い、最終的にどのような図案にするのかを決めると良いです。ただし印刷する際に使用する色ですが、あまり多種多様なカラーを使用する事は難しです。また色が増える事で作成する際の費用も増えてしまいます。そのためシンプルに1色から2色程度で印刷することを想定して、それにあった図案を考えていくと良いですよ。そのため最初は1色で図案を考えてみて、その中の1部にだけ色を加えたりと工夫すると良いです。また印刷を依頼する業者によっては、使用するのが難しい色などもあるので、事前で表現できるカラーバリエーションを確認しておくとよいですね。

プリントする位置や大きさはバランスを考えてきめよう

最終的に考えたデザインですが、後は、tシャツに印刷するだけになります。次に決めなくてはいけない内容が図案自体をどの位置にプリントするかになります。例えば花の図案が1つあった場合、それをどの位置にどの大きさで印刷するかを決めます。あまり首元に近い上の位置に印刷してしまうと、首元が苦しそうな印象になってしまいますよね。逆に図案が下の位置になりすぎると、洋服の余白とのバランスが取れずにやはり印象が変わってしまいます。実際に作成した図案はtシャツの型においてみてバランスを見てみるのもよいです。また大きさもワンポイント程度の小さいものにするのか、ある程度中心に来るように大きなものにするのかなども全体を見ながら決めるようにするとバランスよく作ることができます。