tシャツのデザインを作る際の種類について

イラストを利用して作成する場合について

普段の服装のなかでもラフで気軽に利用できるだけでなく、おしゃれに着こなすことができるアイテムとなるのがtシャツになります。無地タイプもあれば小さいワンポイントや文字など様々な図案があり、その人の好みによって色々選ぶことができますよね。自分が普段から愛用する洋服として購入するだけでなく、オリジナルに自分でデザインして作成する事もできます。作成する際の図案で一番おおいのがイラストになりますが、作成する場合のポイントとしては細部が印刷できるかどうかをチェックする点がありますよ。折角オリジナルなイラストを描いた場合でも、あまりに細かすぎてしまうと潰れてしまう可能性があります。そんためイラストでの図案の場合は全体的にシンプルなものにするのがよいですね。

文字を利用して作成する場合について

tシャツ用の図案をオリジナルで作成する場合、種類として文字を活用する方法もありますよね。海外では日本語がとても人気があり、漢字やひらがなが直接図案になっている事も多いですよね。単純に文字にする場合は日本語だけでなく、英語などを活用してもよいですね。ただし英語の場合は日本人の場合は意味がわからず着用している人もいますが、やはり意味もしっかり把握して作ることが大切ですね。そのためあえて文章にするのではなく、単語を利用してもよいですよ。文字は複数の単語を利用し、それぞれのフォントの大きさなどを変えて工夫するようにします。また文字の場合は1色でもよいですし、一部の単語のみに色をつけるなどもします。またフォントの大きさだけでなく使用するフォント自体によっても、洋服全体の印象も変わってきます。文字のデザインを決めていくようにするのもポイントですね。

写真を利用して作成する場合について

オリジナルデザインを作成する場合に、選ばれる図案として多いのが写真があります。子供などの写真であれば記念として作成されることも多いですよね。またペットの写真なども、思い出として利用して作成するといった方法などもありますよ。また写真の場合は図案が明確なので、洋服を見た時の印象が決まりやすいという点もあります。ただし写真の場合はフルカラーで印刷するのか、白黒やモノトーンにするなどによっても使用する色数が違いますよね。tシャツへ印刷を依頼する業者によっては作成が難しい場合もあるので、図案のが写真になることを伝えて印刷ができるかどうかを事前に確認しておくとよいですよ。また印刷のカラー色数などによっても見え方に大きく変わるので、その点もしっかり考慮して写真を選ぶと良いですよ。